痛~い口内炎におすすめのサプリを調査

いつのまにかできている口内炎に!おすすめサプリガイド

第一位

ユベラ贅沢ローヤル

『効果・効能が認められた指定医薬部外品飲み始めてから1度も口内炎ができていません』
ユベラ贅沢ローヤル
詳細は画像をクリック
1日あたりの価格:300円

活性型ビタミンB2や必須アミノ酸などを含んだローヤルゼリーを配合しているので、口内炎への効果はもちろん、疲れやすい毎日に嬉しい製品

詳細はこちら

第二位

チョコラBBローヤル2

『甘くて飲みやすい味。疲れたときや口内炎ができたときにお世話になっています。』
チョコラBBローヤル2
詳細は画像をクリック
1日あたりの価格:300円

浸透しやすいドリンクタイプ。ビタミンがたっぷりなので、口内炎への効果はもちろん、疲れを感じたときに飲んでいる人も多いようです。

詳細はこちら

第三位

マカ

『 女性にもマカが良いというので、冷え性や口内炎・肌荒れ対策に飲んでいます』
マカ
詳細は画像をクリック
1日あたりの価格:105円

マカは、ホルモンバランスを整える作用が高いので、口内炎以外にも更年期障害や冷え性に悩む女性達に特に好評のようです。

詳細はこちら

HOME » 口内炎にいいサプリ成分豆知識 » 正しいサプリメントの飲み方

正しいサプリメントの飲み方

口内炎の予防や改善をサポートする成分がわかった後は、より高い効果を得られるサプリの飲み方やタイミングを押さえておきましょう。一緒にとると相乗効果が期待できるものや、逆に効果を阻害してしまうものについても要チェックです。

口内炎サプリを飲むタイミング~成分別の注意点~

ビタミンB群

ビタミンBは水溶性であることに着目しましょう。
水溶性のビタミンは、食事と一緒でなくても体によく吸収されますが、ビタミンB群は脂質代謝などに利用される成分なので食事と一緒にとることもオススメできます。そして水溶性であるがゆえに、体に長時間留まって効果を発揮するものではありません。一日3回の食事毎に小分けにしてとるようにすると、不足することなく体の中で働いてくれるでしょう。

お茶(緑茶・紅茶・ウーロン茶など)コーヒーで飲むことはNGと心得ましょう。なぜなら、タンニンという成分が鉄の吸収を妨げる作用をするからです。鉄分サプリを飲んだら、その後1時間はこれらの飲料を飲まないほうが良いです。基本的には水やぬるま湯で飲むのがおすすめ。また、非ヘム型の鉄分なら、ビタミンCと一緒にとるのが望ましいようです。

※鉄欠乏患者の場合は、カルシウムと鉄の同時摂取を避けることが勧められていますが、健常者が補助食品として鉄をとる場合は、あまり気にかける必要はないとのことです。

※鉄サプリは過剰摂取にも要注意…鉄分サプリを単独でとっている方は、一日の規定量を超えないようにしましょう。過剰摂取による急性中毒(嘔吐・下痢・ショック状態)を引き起こす場合があるので、小さな子供や妊婦の場合は特に注意が必要。何事も適量を守ることが大切です。

にんにく卵黄

いつ飲んでもOKとされていますが、にんにく成分は食べ物に含まれている栄養素と結びつくことで相乗効果を発揮するようですから、食前や食後に飲むと効果的です。特に、脂肪分の多い食事や飲酒の前に飲むと、血中コレステロールの上昇を防いだり肝臓の働きを助けてくれるなどの働きが期待できます。
また、にんにく卵黄は製造時に長時間低温加熱しているのでビタミンCを失っている可能性があるようなので、ブロッコリーなどのビタミンCを含む食品と一緒にとると栄養吸収が良くなります。

サプリメントの飲み方の基本

サプリメントは薬ではないので、飲むタイミングは決められていないものが多いです。(ただし、薬を服用している人は担当医か薬剤師に相談して下さい)

基本的には、「コップ一杯程度の水かぬるま湯と一緒に飲む」「胃を荒らさないよう、空腹時を避けた食後30分以内」というのが良いとされています。通常サプリメントの効果は、3カ月程度飲み続けることで実感できると言われていますが、口内炎や肌荒れに対しては、もっと早くに効果が出るでしょう。

その日の体調や食事内容によって飲む量を調整すると、体調管理に役立ちます。ただし、沢山飲めば飲むほど効果が上がっていくわけではありません。むやみに大量摂取すると、逆に体を壊してしまうこともあります。メーカーが推奨する一日の最大摂取量を確認し、それを超えない範囲で調整するよう気を付けて下さい。

 

口内炎改善をサポートするサプリ一覧

口内炎にいいサプリ成分豆知識

意外と知らない口内炎のこと